顔が大きくなる原因

顔が太ると、小顔からは程遠くなってしまいます。顔が太る原因と大きくなる原因について、詳しく説明していきます。

顔が太る原因は様々です。
体全体が肥満となり、顔が大きくなる脂肪太りというものがあります。これは、血行を促進させ脂肪の分解を助ける食品を摂取することにより解消されます。
解消方法として、全身運動で脂肪を燃焼させるのも効果的です。
むくみが原因で顔が大きくなるケースも存在します。体の水分の排泄がうまく出来ず、血液やリンパの流れが悪くなることにより引き起こされます。
改善方法として、利尿作用のあるカリウムが多く含まれているバナナやキュウリ、アボガドを積極的に摂取すると良いでしょう。また、海藻類やきのこ類などの食物繊維が多く含まれている食品を多く摂取することで、新陳代謝がアップします。
寝不足が原因で顔がむくむこともあるので、寝不足には十分気をつけてしっかりと睡眠を取ると良いでしょう。
歯ぎしりや食いしばりがあることにより顔の筋肉が固まって輪郭が大きくなるケースもあります。考えられる原因として、ストレスもあります。そのため、ハーブティーやアロマテラピーを行い心と体をリラックスさせる方法が効果的です。
筋肉がゆるむことにより、顔が大きく見えることもあります。その原因は、顔の感情表現が乏しい生活を送っていることにあります。それが、表情筋が衰え頬が顎がたるんでしまう原因になります。その改善方法として、よく笑い、よく話すのが効果的です。
骨格の歪みが原因で、顔太りになることもあります。骨盤や背骨の歪みが顔にまで影響するのが原因です。顔が歪んでいないかをチェックする方法は、左右の顔や眉の位置、ほうれい線の長さや口角の高さを鏡で見て左右対称になっているかを確かめることです。
改善方法としては、猫背や脚を組む癖を直し、頬杖を止め、食事の際にいつも同じ側だけで噛むのを止めて両方でバランス良く噛むことです。
腰の歪みを改善する方法として、骨盤体操があります。これは、足を肩幅程度に開き、腰に両手を当てます。次に、フラフープを回すように腰を大きく右回りで10回回します。
その際に、つま先とかかとは足にしっかりと床につけます。両足は前を向いた状態で固定します。
次に骨盤を調整する方法として、足を肩幅に開きます。その状態のままで足の付け根にある出っ張った部分に手を当てます。その後、骨盤を押して腰を10回押します。
その後、同じように左も10回押します。
このようにして骨盤のゆがみを改善することで、小顔効果が期待されます。

ガムを噛むのも、小顔効果が期待される方法の1つです。
実はこの「噛む」という行為が小顔にはとても効果があります。
1日のうち、2時間から4時間程度ガムを噛むことで表情筋が鍛えられます。特にエラが張っていることが気になっている場合はその改善効果もあります。
ガムを噛んだ後にマッサージで顔の筋肉をほぐすことで、さらに小顔効果が期待されます。

小顔を目指すために、美容整形外科に通う女性も中にはいます。なかなかセルフケアが出来ない方や、短時間で効果を実感したいという方にお薦めです。
現在美容整形外科は美意識の高い女性を中心にとても人気があります。